2004年収穫前被害状況・・・なんていうと大げさだけど・・・

◆6月21日(月) 台風6号◆
台風6号が接近し、暴風波浪警報が出ました。
先日夜半から、雨と風が強く、学校は休校になりました。
夕方にはかなりおさまってきましたが、被害のほどは・・・。


落ちた秀玉。
落ちやすい品種です

袋がかけてあるので
抵抗が大きい

新水
被害は約2割程度

棚線で擦れて傷に
黒い筋は直らない

伸びている新梢
葉がぼろぼろ

折れた新梢

実が落ちたのは、それほどでもありませんでしたが、新梢が折れたり、葉が破れたりしたのは、被害としては大きいです。これから養分を作って実を大きくさせるはずだったのに・・・(ノ_-。)

◆6月29日(火) 降雹◆
午後になって突然の雷と雨!そして、屋根をたたく音!
窓の外を見てみると、雹(ひょう)が降っている!
庭の芝生の上にコロンコロンと落ちて、トタン屋根の上にはバンバンと音をたてて、落ちてくる雹にあっけに取られました。10分もなかったでしょうか?
ドアを開けると、午前中とは打って変わって涼しい空気。
「そりゃ、庭に氷ぶちまけたら涼しいやろ」と平然と言いながらも、梨への影響は???


芝生におちた雹
雹があたった跡
これはまだましな方

◆7月31日(土) 台風10号◆
 25日に南鳥島で発生した速度の遅い台風10号。31日夜半に四国に上陸しましたが、速度が遅く前日からの大雨と風にまたしても、梨は落下、枝葉は痛めつけられました。
 7月に入ってろくに雨が降らず、梨の樹は水分不足にあえいでいます。
この雨で少しは息をつけたかと思いきや、実のほうへの影響は・・・。

◆カメムシ◆
 今年は早くからカメムシの発生が心配されていました。関係機関からも注意報が出たほどです。
カメムシは、特に「秀玉」がお好きなようで、一部ではボコボコにされてしまいました。カメムシに果汁を吸われると、そこだけスポンジ状になり、食感が悪いのでそこだけ切り取ってお召し上がりください。

7月にみたカメムシ被害


凹みがわかるかな?

割ってみると・・・
下のほうがスポンジ状に

◆カラス◆
 当園では、過去にカラスの被害にあったことは少なく、カラス対策はしておりませんでした。
ところが、今年は例年になく多数のカラスが、近隣を飛び回り、畑のとうもろこしやスイカも被害に遭いました。カラスは賢い鳥といわれていますが、1匹のカラスが高い鉄塔や電柱の上で見張り役をし、人間がいなくなると残り数羽が降りて梨をかじっていきます。脅しの花火をあげるのですが、最初のうちはすぐに逃げるのに、慣れてくると、距離を測っているようで、すぐ近くで花火をあげないとしらんぷりです。そのうちに、花火をあげてからすぐは大丈夫とでも思ったのか、花火のすぐ後にやってきたり・・・。困ったものです。

最近被害にあったもの 被害にあってから時間が経ってる これはムクドリの仕業かも?

  

◆8月30日(月)〜31日(火)台風16号◆
非常に勢力の強い台風で、直撃は免れました。それでも、風による落下はかなりのものでした。豊水で約2〜3割落ちたでしょうか?
拾うのに3人で午前中いっぱいかかりました。フ〜


袋かけのしてある
ラフランス

これから収穫の
新星

収穫時期を
迎えている豊水