港小学校2年生・2012

                 更新日 2012年6月22日

2年生のみなさんが梨園を見に来てくれました。
校区探検の話の中で、みんなの住む町にあるものを発表した中に、
大平尾町の子が梨園を紹介してくれたようです。ありがとう。

◆2012年6月20日(水)
昨日の台風4号で、沢山の実が落ちました。新しく延びた枝も折れました。
葉っぱもたくさん破れました。土もぬかるんでいましたが、
雨が上がったので、予定通り2年生の皆さんがきてくれました。
「質問のある人?」という先生の問いかけに、沢山の子が手を上げてくれ、
難しい質問も出ました。

「種から育てるのか、苗から育てるのか?」・・・苗を買ってきて、植えます。
                 種から育てるととても長い年数がかかります。
「梨の木は何本あるの?」・・・450本ぐらいあります。
「美味しくするのはどうするの?」・・・う〜ん、教えて欲しいです(笑)
                    毎日美味しくなるようにと努力しています。
                    太陽や自然にも影響されます。
「どうやったら、美味しく食べれる?」・・・たぶん、少し冷やしてそのまま食べるのが
                      一番美味しいと思います。
                      ジュースやジャムやお酢にしたものもあります。

子どもたちは、台風で落ちた実を沢山拾って行きました。
(まだ食べても美味しくないよ)

質問の手を上げる生徒達 質問する子の方を向いて聞く生徒達
落ちた梨を拾う様子 台風で落ちた梨たち