港小学校3年生の農家の仕事・2009

                 更新日 2009年12月9日

港小学校3年生のみなさんが農家の仕事について梨園に来てくれました。。

◆2009年11月26日(木)
「農家の仕事」についてを勉強している3年生が来てくれました。

”どんな仕事をしているのか”・”つかう道具”・”できたものはどうするのだろう?”
”作っている農家の人が気をつけていること”などを事前に聞いていましたので、
この時期に使う機械や道具などを並べて、見てもらいました。
それ以外にも沢山の質問が出ました。

「梨はどうなったの?」・・・お客さんのおなかの中です(笑)。
「赤いテープの巻いてある木は?」・・・調子が悪いので、切るつもりの木です。
「台風で落ちた梨はどうするの」・・・食べられる時期のものは、安くで買っていただきます。
                      青くてまだ食べられないものは、すててしまいます。。
「気をつけていることはなに?」・・・(事前に皆が考えてくれたのは、いたんだものを
                      売らないように気をつけていると思う、と言うことでした。)
                      もちろん、それは気をつけていますが、一番はやはり
                      安心して美味しく食べてもらう為にどうすればいいかを、
                      気をつけています。

説明を聞く3年生 堆肥をふる機械を実演(マニュア スプレッダー)
スピード スプレイヤーで水まきの実演 ペレンクもやってみました 赤いテープの木